News

冬のアラスカ鉄道15.12.09

皆様こんにちは。今日も日本列島は良いお天気ですね。
あと20日程度で今年も終わりですが、帰省される方は、新幹線等鉄道のチケットは確保されましたでしょうか。

日本は世界随一の鉄道王国。安全性だけではなく、その定時運行性も世界から評価をされていますね。
一方、アラスカはどうか?アラスカには2社の鉄道会社しかございません。
1社は、東南アラスカのスキャグウェイを起点に運行している観光列車「ホワイトパスユーコン鉄道」、もう1社が中央アラスカを縦断しているアラスカ鉄道です。アラスカ鉄道は州営鉄道であり、その収益の90%以上を貨物運送により得ています。本線はアンカレジの南180kmのスワードという美しい港町を起点に、そこからアンカレジや、デナリ山(マッキンリー山)の登山ベースの町タルキートナ、アラスカ一有名な野生動物の楽園デナリ国立公園を経て、オーロラの町フェアバンクスまでの756kmです。その他、第2次世界大戦時に潜水艦基地として作られたウィッティア港への支線や、アラスカ一の農業地帯パーマーへの支線、更には一年中クリスマスの町として知られるノースポールへの支線等、貨物専用線も含めると、たくさんの路線があります。

Photo by Tim Thompson.jpg

旅客列車は、夏の間(5月中旬~9月中旬)は、アンカレジ~ウィッティア~グランドビュー間、アンカレジ~スワード間、アンカレジ~フェアバンクス間、アンカレジ~デナリ間をそれぞれ一日に一往復運行しますが、この期間以外(9月下旬~翌年5月上旬)は、アンカレジ~フェアバンクス間を一週間にたった一往復のみの運行となります。
この列車は、オーロラウィンタートレインと言います。北行き列車は、毎週土曜日の朝8時30分にアンカレジを出発し、20時にフェアバンクスに到着します。一方、南行き列車は、毎週日曜日の8時30分にフェアバンクスを出発し、20時にアンカレジに到着します。

アラスカ鉄道オーロラウィンタートレイン (2).JPG

夏の観光列車のように、展望車が連結されているということはなく、機関車+貨物車両+食堂車+客車数両の寂しい編成になりますが、この列車こそが鉄道旅行本来の楽しさを思い出させてくれる最高の列車なのです。

次回以降、この列車の特徴をお話ししますね。

それでは、また!

PS:下の画像3枚は、本日の京都永観堂の紅葉の写真です。まだ紅葉を楽しめます。京都にお越しの際は、是非、当店にお立ち寄りください!

ごとうゆうき

1449651435252.jpg

1449651443439.jpg

1449651426407.jpg

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377