News

サンクスギビングデーって??15.11.18

11月も終わりに近付き、アラスカは、サンクスギビングデーが近付いてきました。
そもそも、このサンクスギビングデーって何?いったい何をするの?と思われる方も多いのではないでしょうか。
そこで、今日は、このサンクスギビングデーについて、ご紹介します。

サンクスギビングデーを日本語に訳すと、感謝祭になります。
アメリカでは、11月の第4木曜日と決められていますので、今年は、11月26日(木)がサンクスギビングデーです。

thanksgiving_dinner.jpg


元々は、神々に収穫の恵みを感謝する日とされていましたが、現代では宗教的な意味合いは少なく、家族、親戚、親しい友人等が一つの家に集まり、一緒にサンクスギビング料理を食べて過ごします。日本で、お正月に家族や親戚が集まって、おせち料理やお雑煮を食べるのと同じだと言うと、イメージして頂けやすいかもしれません。その時期になると、大量のサンクスギビング料理を作ります。そして、数日かけて食べるのが一般的です。これも、同じく、日本でおせち料理を数日かけて食べることで、普段休みのない主婦の方に休んで頂くのと同じです。

代表的な料理は、ターキーです。日本のおせち料理同様、各家庭ごとに味付けや、中に詰める物も違ったりで、バリエーションは無数にあります。そもそも、なぜターキーなのか?

その昔、英国の清教徒の一派が国教会の弾圧を逃れて、アメリカ東海岸に上陸しました。
しかし、アメリカに着いたのは、当初の予定よりも半年遅れで、厳しいアメリカ東海岸の冬を過ごすことになりました。食料の調達もできず、約半数もの人が、寒さや飢えにより亡くなりました。
その彼らを救ったのが、アメリカ先住民でした。清教徒たちは、先住民に農作物の作り方や、狩猟の仕方を習い、その地に定着していきました。そして、翌年の11月、初めての農作物の収穫に感謝して、お世話になった先住民たちを招き、感謝祭を開きました。その時、先住民が持ってきたのが、米国原産のターキー(七面鳥)だったのです。
また、カボチャパイもサンクスギビングの代表的な食べ物です。

ちなみに、サンクスギビングデーの翌日の金曜日(今年で言うと11月27日)は、アフターサンクスギビングデー、またはブラックフライデーと呼ばれます。伝統的に一年で買い物が最も行われるクリスマス商戦の開始の日であり、様々なお店で激安セールが開催されます。一年の中でも最大のセールあり、金曜日の午前0 時頃になると、多くの人々が、目玉商品や破格の割引商品を求めて、それぞれのお店に殺到します。

Thanksgiving-Sale.jpg


アラスカで、オーロラを見て、サンクスギビングディナーを食べて、激安セールを堪能する。そんなご旅行も良いかもしれませんね!

(金賞/谷口哲哉様撮影).JPG

ごとうゆうき

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377