News

オーロラ観測ってどのような条件の時が最適なの??15.11.12

皆様、こんにちは。

アラスカは、もう既にオーロラシーズン真っ只中。
特に、年が明けた1月以降は天候も安定し、(普段でも高い)晴天率が更に高まり、絶好のオーロラ観測シーズンとなります。そのオーロラ、どんな気象条件の時が最も出るのか?
簡単に言えば、地球の天気が晴天で、宇宙の天気が大荒れの時、最も強いオーロラが出現します。
オーロラは高度80km~500kmで発生(雲よりもずっと上)しますので、晴天でないと肉眼で見ることは出来ません。そのため、地球の天気が晴天である必要があることはお分かりいただけると思います。
(アラスカ賞/相羽直樹様撮影).JPG
一方、なぜ宇宙の天気が荒れなくてはいけないのか・・・?
宇宙天気が大いに荒れることを磁気嵐と言います。これは、太陽から地球の方へと通常よりも大量の粒子が押し寄せてきて、地球の周囲に広がる磁気圏を占拠するときに発生します。現在、オーロラは、北緯65度~70度の高緯度地方で観測されますが、このような磁気嵐の時には、もっと南(米国本土や北海道オホーツク海沿岸)でも観測されることもあります。1870年には、極地から遠く離れた北アフリカでオーロラが観測されたこともありました。(実は、奈良時代には日本で、オーロラはしょっちゅう観測されていたのです。その理由は、また磁気嵐とは異なる理由ですので、後日改めて書きますね。)

今日は、難しいお話を書きましたが、オーロラの最大の魅力は、何度見ても、同じものは2度と出現しないということ。5日間フェアバンクスに滞在し、5日連続オーロラが出現したとすれば、色、形等、見るたびに異なります。
第12回「銀賞」鳥生賢寛様.JPG
満天の星空という最高のステージで、優雅な舞いを見せてくれる神秘の光のカーテン、「オーロラ」。
オーロラをこの目で見ることが一生の夢だったという方も多く、感動で涙を流す方もしばしば見かけます。
是非、この冬フェアバンクスにお越しください!!

オーロラの事を少しでもお分かりいただけるために、これからはオーロラの記事を増やしていきますね。

オーロラの記事になると特に力が入る「ごとうゆうき」より

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377