News

デナリ山って??15.10.05

皆様、こんにちは。
10月も2週目になり、涼しくなってきましたね。今週も頑張りましょう!

NATCマッキンリー遊覧飛行.JPG

先日、Yの記事の中で、オバマ大統領のアラスカ訪問に際し、北米大陸最高峰の名称が変更になったことに触れました。
今日は、それについて、詳しく説明します。

北米大陸最高と言えば、私達、日本人にも大変有名なマッキンリー山でした。
国民栄誉賞を受賞している植村直己氏が眠る山として、大変有名でもあり、今年の6月には芸人イモトアヤコが登頂したことで、再びその名が知られることになりました。

DSCN1282.JPG

このマッキンリー山の名称が、この度、デナリ山に変わりました。
そもそも、デナリって一体何?という方も多いと思います。
デナリというのは、アラスカ内陸部に住む先住民「アサバスカン族」の言葉で、マッキンリー山の事を指し、「偉大なるもの」、「大きなもの」を意味します。アラスカ州としては、先住民に敬意を示し、マッキンリー山のことをデナリ山に改称すべく、国に要望をしてきました。しかし、なかなか認められなかったのです。
そのため、しばらくの間、マッキンリー山は2つの正式名称を持つ山として知られていました。
アラスカ州で発行された地図を見ると、デナリ山と記載され、米国本土で発行された地図を見ると、マッキンリー山と記載されていたのです。それがこの度、デナリ山で統一されることになりました。

20060908 020.jpg

ちなみに、このデナリ山、標高も度々変わっています。
2012年までは、6,194mでしたが、2013年、当時の最新の測量方法で測定し、6,168mに変更されました。そして、今回の名称変更の後に、最新の機械で測量をしたところ、6,190mであることが分かり、標高も訂正されました。

20061220 045.jpg

そして、このデナリ山の標高は、世界最高峰のエベレスト山(8,848m)に2,600m以上及びませんが、比高(麓と頂上の標高差。見た目の山の大きさ)は世界一なのです!

エベレストもデナリ山もともに内陸に位置する山ですが、エベレストの比高3,700m(チベット高原からの比高)い対し、デナリ山の比高は、なんと5,500m!!見た目は、エベレストの1.5倍の大きさに見える、とんでもなく大きい山だったのです!

デナリ山を見る最適の手段は、遊覧飛行。(フェアバンクスからも可能)
これからの時期は、夜はオーロラ観測をし、日中に、デナリ遊覧飛行をお楽しみ頂ける最適な時期です。
是非、お越しください‼

ごとうゆうき

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377