News

最後にカンティシュナ地区へ・・・つづき15.09.10

アイルソン・ビジターセンターの特徴は、周囲の自然へ配慮した建物になっていて、電気は全て自然からのエネルギー。近くを流れる川からの水力発電やソーラーパネルからの太陽発光電などで電力を作り出しています。また自然の景観を損ねないよう半地下で建てられていて、地下がある為上部の階の熱を効率よく循環し省エネに努めています。
館内はデナリ国立公園を小さくしたジオラマやデナリの自然のしくみ・説明などが展示されています。見ていても飽きませんよ。晴天の日は館内の窓からマウント・デナリが見えるんです。これはまるで写真!?かのような美しさです。が私が訪れたこの日は雪とキリで視界が悪かった・・・

バスに戻り走り始め、こんな時期でもたくさんの野生動物に遭遇します。ライチョウです。さて何羽いるでしょうか?

IMGP1123.JPG

3羽でした。

IMGP1122.JPG


アラスカではよく見かけますが、日本では国指定の特別天然記念物ですよね。ライチョウはちゃんと四季折々周りの植物の色と同様の色に毛色を変化させ、冬になると真っ白な色へと変化をする姿はふわふわとしてとてもかわいいですよね。
とバスにゆられることおよそ6時間、やっとワンダーレイクへ到着!ですが天候最悪。

IMGP1125.JPG

IMGP1126.JPG


写真で見るワンダーレイクとは全く異なる様子ですが、ワンダーレイクです。もちろん絶景を期待して行かれる方がほとんどかと思いますが、相手は「自然」です。天候ばかりは私たち人間はコントロールできませんので、天気が悪く想像と違っていても、こんな日もあるのね、と気分を悪くしないでくださいね。そこへ行ける事自体が貴重な体験なんですから。
最終地点カンティシュナまで行き、トイレ休憩をして、また約7時間帰路のバス旅の開始です。。。
宮田千代

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377