News

フーリガン釣り15.06.09

みなさん、こんばんは。

日本は全国的に梅雨に入り、雨がしとしと降ったりやんだり。
空が重く薄暗いと気分もどんよりしがちですよね。。。

そんな薄曇りの天気でも遊べちゃうのがアラスカ。今日は「フーリガン釣り」をご紹介。
ちょっと聞いただけだと「何だ?乱暴そうなイメージ?」と思われるかもしれませんが、フーリガン=魚。日本語ですと「キュウリウオ」と呼ばれ、ししゃもより大きく、イワシにも似たそんなお魚です。
この魚にすごい特徴があるわけではなく、釣り方が独特。釣り竿、使いません。餌、使いません。ウェイダーという水に濡れない防水性のズボンもしくは太ももの付け根まである長靴を履いて川に入ります。そして直径30~50cmもある大きな網を川の中に沈めるだけ!

IMGP0686.JPG

フーリガンは潮の満ち引きや川の流れと共に泳いでいますので、その流れを読んでココ!とひらめいた場所に網を入れフーリガンが入ってくるのを待つという釣りになります。かなりの数で移動しているので網に入った瞬間「ビビッ!」とした感触が網から竿から伝わってきます。

この時期アラスカのスワードハイウェイを走っていると、大きな網と大きなバケツを持って、川に入ってじーっと立っている人をよく見かけます。アラスカの初夏の風物詩ですね。ただ残念なことに、この釣りはアラスカ在住者のみが出来る釣りで、観光客はたとえ漁券を購入したとしても釣ることが出来ませんので、釣り人を見かけたらバケツをのぞかせていただきましょう!

IMGP0703.JPG

グリルで塩焼き。シンプルですがフーリガンそのものの味を楽しむことができますよ。
宮田千代

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377