News

たそがれのトワイライト15.04.24

おはようございます。日本列島は今日も高気圧に覆われ、全国的に晴天の予報で、桜は、弘前公園など、東北北部で満開を迎えています。
 同様に、アラスカ内陸の町、フェアバンクスも、日に日に気温も上昇し、この時期の最高気温は、10℃位まで上がる日が多くなります。昨日も触れました通り、オーロラ観測シーズンは間もなく終わりを迎えますが、一方で、日照時間が長くなるこの時期、特に日没後に大変美しい光景をご覧頂けます。

2.jpg 
1.jpg

 太陽の沈む角度が小さい高緯度地方の夏は、太陽が地平線の下に沈んだ後も、地平線に沿うような形移動をするため、日没時刻を過ぎても、まだまだ明るさが残り、なかなか暗くなりません。4月24日のフェアバンクスの日の入時刻は、21時57分ですが、闇夜が訪れるのは、午前1時頃です。ちなみに、東京の4月24日の日の入時刻は、18時21分であり、真っ暗になるのは19時20分です。日本などの中緯度地方は、太陽の沈む角度が大きいため、日没~闇夜開始までの時間が短くなるわけです。

 さて、話をフェアバンクスに戻しますと、日没~闇夜開始までの時間が約3時間あります。この3時間の間に、空の色は、大変美しく移り変わります。夜空という広大なキャンバスが、空色、ピンク、紫、オレンジ、黄金色等、様々な色で染まっていく光景は、あまりにもドラマチックであり、その作品の中に一番星が輝く頃には、深い感動を覚えているに違いありません。


 来年のゴールデンウィークは、是非この光景を見にアラスカにお越しください!(もちろん、今年でもまだ間に合いますが!)

それでは、本日も素晴らしい一日をお過ごしください。

後藤祐紀

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377