News

目に鮮やかな新緑とお花がいっぱいのアンカレジ15.04.30

こんばんは。ここ数日気温もぐんぐん上がり晴天に恵まれ、外出には文句なし!の日々が続いていますが、みなさんはゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

アラスカ・アンカレジも雪は溶け、街を出歩く人も増え、半袖で歩く人の姿も見られるほど。今日はアラスカ・アンカレジについて少しご紹介しようと思います。

アラスカ州は1959年にアメリカ合衆国49番目の州となった比較的新しい州です。「アラスカってカナダ???」と質問をされる事もしばしば。。。アラスカはアメリカ合衆国の一員であるどころか面積は50州の中で一番広いんです!なんと日本の総面積の約4倍もあります。人口は約73万人。アンカレジには約半数の32万人(2013年統計)。州都と思われがちですが、州都はジュノーになります。

アンカレジには国際空港もあり、貿易港もありと「ラスト・フロンティア」と言われるアラスカのイメージとは少々異なり活気のある街です。アンカレジの街を一歩出てしまうとすぐに広大な大自然へと入っていくのですが、まずはアンカレジでアラスカの情報収集スタート。インフォメーション・センターは木造のログハウス。屋根の草が目印。屋根が緑色になると夏の訪れを感じます。こちらにはホテルやB&Bなどの滞在先のパンフレットが充実し無料で配布されています。このログハウスの前の道路を挟んだ向かいに旧連邦政府の白い建物があります。こちらはアラスカの大自然を体験したい方は是非尋ねてみてください。公共のキャンプ施設やハイキングルート、サイクリングロードなど日本で購入すると有料!?というくらい詳細な地図が無料で手に入ります。どちらの施設も常駐のスタッフがいますので気軽に質問をすることができますので、アンカレジにきたらまずこちらのインフォメーションを訪れてみてください!
宮田千代

IMGP0850-2.jpg

IMG_1455.JPG

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377