News

オーロラにしばしのお別れ15.04.23

 こんにちは。日本は、すっかり春本番を迎え、初夏の陽気を感じさせる日も増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 アラスカも、この時期、日に日に日照時間が長くなり、春の訪れを感じられます。
 
 さて、いつも当社のウェブサイトをご覧頂き、ありがとうございます。この度、当社ウェブサイトでも、「アラスカ日記」と称し、アラスカの新鮮情報等を発信していくことにいたしました。

DSC_0207.JPG 

 記念すべき第1回目は、アラスカと言うと、多くの方が真っ先に思い浮かべられる、天空を優雅に舞う神秘の光のカーテン「オーロラ」についてお話しようと思います。世界の高緯度地方では、オーロラをご覧頂ける場所は、アラスカをはじめ、たくさんございます。(オーロラについての詳細は、別の日にお話しします。)その中でも、最も高確率でオーロラをご覧頂ける場所、それがアラスカ州のフェアバンクス周辺なのです。年間365日中、平均240日以上オーロラが観測される(3日のうち、2日はオーロラが出現していることになります!)フェアバンクスには、オーロラ研究の最先端施設や、NASAのオーロラ研究施設が置かれ、世界中にオーロラの最新情報や研究成果を発表しています。

DSC_0191.JPG

 高緯度に位置するフェアバンクスは、夏の間、日照時間が長くなり、夜も空が暗くならない白夜の時期になるため、
オーロラを肉眼で観測することが出来ません。肉眼で観測できる時期は、毎年、8月下旬~4月下旬の8か月間です。
そう、まさに今の時期は、オーロラ観測シーズンの終わりを意味します。
 4月は、気温も上がってくるため、体に優しいだけでなく、一年の中で、最も降水量が少なく(フェアバンクスの4月の平均降水量は、7.9mm。東京都の同月の平均降水量は、124.5mm)、安定した天候の中、オーロラをご覧頂く事が可能です。このことは、あまり知られていないため、4月にアラスカを訪れる日本人観光客は少ないのですが、実際、今年の4月も、夜空を激しく舞うオーロラが連日出現していました。是非、来年の4月は、アラスカにオーロラを見にお越しください。


 間もなく5月を迎えると、日照時間が長くなり、肉眼でオーロラをご覧頂く事は難しくなります。8月下旬までの約4か月間、オーロラにしばしのお別れをする季節がやってきました。

 しかし、これから迎えるアラスカの夏こそ、大自然をご満喫頂ける最高の季節です。
ラストフロンティア(世界の最後の秘境)と称されるアラスカが「最も美しく輝く季節」と言われる夏の魅力については、また別の機会にお話しようと思います。

ごとうゆうき

お申込みはこちら お電話でのお申込みはこちら TEL.0120-705-377